あなたの位置は: ホーム > 会社概要 > 加工場加工場

    大連華恩有限公司は各農場にて有機加工場と倉庫を設立しておりました。各加工場から直接豆類、穀類および種実類に対する選別や脱穀などのプロセスができ、本社に送る前に、輸送コストダウンは実現でき、環境にも負担減少できます。

    さらに製品の品質を向上させるため、日本の先進な品質理念を投入しました。1998年に、日本のMUSO会社と共同出資して、今の大連日華有機食品精選有限公司を設立して、単なる華恩有機農場からの農産物の加工と倉庫保管を担当させております。400T/日の精選能力を持っております。

    *倉庫:四つの倉庫を持って、在庫量は12000Tになります;冷蔵庫も用意しております。室外にも在庫量は20000Tになります。

    *加工ライン:

    有機粒飼料加工ライン—2009年に国際先進オートメーション生産ラインを投入して、コンピュータコントロールシステムにより、客さんからの組成成分の比率の要求が実現でき、多種類の有機飼料が加工できます。

    有機大豆粉圧搾ライン—膨化大豆粉加工ラインと熱く搾りできるような大豆粉加工ラインが用意しております。高品質な有機大豆を原料として、客さんの要求を応じて多種類な有機大豆粉が加工できます。

    *生産ライン:

    有機大豆生産ライン—弊社の旗艦製品とする大豆ラインは初選別、比重除石、帯選などの様々な優れた設備から構成したラインです。すべての生産能力や製品品質などは業界にリード地位に立っております。

    有機雑穀生産ライン—精選、比重除石などの一流な設備と完全な生産ノウハウを活用して、品質確保。

    種実類精選ライン—磁選別機、色選別機、レーザー色選別機、X射線選別機、オート的に重量を量ってパッケージする機器などのような様々な国際一流設備を使って、自動化操作が実現できます。

    食用油精錬ライン—2011年から設立した食用油精錬ライン。精錬標準は国家の一級レベルになり、一日20T生産できます。

 

  

    大連華恩有限公司傘下の各加工場は操作面、プロセス、衛生面、安全面、人員管理面について、厳しくオーガニック標準とHACCP規定の要求に従っております。種類により、分別加工して、ゾーニング在庫して、混合しないよう管理しております。優れた設備、合理な生産プロセス、規定操作、先進な理念により、製品の品質が強く確保できる一方、販売にも、強く支持しております。

グレース株式会社大連 copyright © 2006-2008 Huaen Group Reserved